「明日を、未来をつなぐ」橋梁用伸縮継手 TEL:03-3619-0678

トップページ > 製品紹介 > 伸縮継手:ダイヤフリージョイント(簡易鋼製):横目地

製品紹介

ジョイントに関する事は何でも(他社含む)お気軽にお問合せ下さい。


荷重支持型 タテ型両側歯型式ダイヤフリージョイント V-30

ジョイント専門メーカーとしての長年のノウハウを活かし、開発した簡易鋼製ジョイントは構造を工夫することによって止水性、耐久性を向上させました。ゴム製ジョイントと共にお使い頂けますようお願い致します。

写真:ダイヤフリージョイント V-30

安全・安心をお約束する V-30独自の4つのポイント

POINT01:施工性

構造がシンプル・計量で、
施工性の良さが魅力。

構造がシンプル・軽量な為、施工は簡単!
さらに、入り組んだ形状の部分がない為、コンクリートを充填しやすく、十分に行き渡らせる事が出来ます。

写真:施工性
POINT02:止水性

ゴム端部が筒状の
オスメス構造だから優れた止水性。

接続端部をゴムで加工したオスメス構造にしており、接続時にゴムの端部が入り込む事によって、密着性を高めています。密着し、追従する事によって、止水性能が高まります。

写真:止水性
POINT03:接着性

鋼板とゴムの接着面を増やすことで
剥がれにくい構造に。

伸縮する部分に取り付くゴムは、そのゴムと鋼板の接着性を高める為、接着面を増やすことによって、剥がれにくい構造としております。剥がれにくい事が、鋼板の錆を防ぐ効果を持続させます。

写真:接着性
POINT04:耐久性

表面と裏面の形状の違いが
走行性も兼ね備えた耐久性を生む。

表面が歯型で走行性を考慮した計上であるのに、裏面はストレートという不思議な形状。裏面をストレートにする事によって、コンクリートを行き渡らせ、床板との一体化を実現。一体化することによって、耐久性も高めています。

写真:耐久性

施工手順

写真:01_施工前写真:02_本体セット写真:03_補強配筋

写真:04_配筋完了写真:05_コンクリート打設写真:06_完成

施工事例

写真:施工事例1
写真:施工事例2

製品寸法

写真:製品寸法1
写真:製品寸法2

型式 許容伸縮量 適用最大床版遊間 長さ 重量
V-30 30mm 57mm(伸縮+15mmを含む) 900mm 12.8kg/m

仕様や価格など、お気軽にお問い合わせください。

<お問い合わせ先>
日本橋梁工業株式会社 営業部 (営業時間:平日 9:00~17:00)
電話:(03)3619-0678
FAX:(03)3619-0387
mail:クリックするとメーラーが起動します