「明日を、未来をつなぐ」橋梁用伸縮継手 TEL:03-3619-0678

トップページ > 現場日記 > 2005年度(H17年度)

現場日記

現場の完成写真の到着時期により、
施工日とご紹介している順番が前後しております。ご了承ください。


2006.3.1~2006.3.18砥部伊予松山線 出合橋伸縮装置

現場:愛媛県松山市余戸南
型番:K-210TNP2、K-210T、K-50TNP2、K-80
延長:K-210TNP2=28.8m、
K-210T=16.25m、K-50TNP2=33.08m、
K-80=5.44m
昼間、日本橋梁工業㈱工事指導

今回ご採用頂いたK-210TNP2、K-50TNP2は縦目地安全対策品です。新発売しましたこの製品は、ご好評を頂いております。新製品紹介のページ、新カタログに詳細を載せておりますので、是非一度ご覧になって下さい。


写真:K-210TNP2とK-50TNP2の接合部分 K-210TNP2とK-50TNP2の接合部分
写真:K-210TNP2 K-210TNP2
写真:K-50TNP2 K-50TNP2
写真:K-80とK-50TNP2の接合部分 K-80とK-50TNP2の接合部分

2006.1.30~2006.2.21(内3日間)大桑連絡橋ONランプ2工区工事

現場:石川県金沢市大桑町チ68
型番:K-50T、K-210T・K-210交差部
延長:K-50T=3.07m、K-210T・K-210交差部=1箇所
昼間、日本橋梁工業㈱工事指導

大桑連絡橋ではONランプ、OFFランプ共にダイヤフリージョイントを採用して頂きました。どちらの交差部にも、交差部独特の動きに追従し安全走行を約束する特殊受板を使用、それぞれの現場の状況に合わせて製作した製品をご提供できるのが弊社の特長です。

写真:K-50T K-50T
写真:K-210T・K-210交差部 K-210T・K-210交差部

2006.1.30~2006.2.21大桑連絡橋OFFランプ2工区工事

現場:石川県金沢市涌波2丁目付近
型番:K-210T、K-50T、K-210T・K-210交差部
延長:K-210T=19.84mK-50T=2.82m、K-210T・K-210交差部=1箇所
昼間、日本橋梁工業㈱工事指導

北陸石川県、雪深い場所での雪深い時期の施工となりました。弊社の製品は全国どこでも取り付け可能、雪の多い場所での施工実績も多数あります。横目地については、耐グレーダー用の誘導板も取り付け可能です。お気軽にお問合せ下さい。

写真:現場風景 現場風景
写真:K-210T 受板、スペーサー設置 K-210T 受板、スペーサー設置

2005.11.7~2005.12.9平成16年度 西中・岡刈高架橋床版工事(野田高架橋)

現場:愛知県知立市西中町~刈谷市松栄町
型番:K-50T、K-240
延長:K-50T=128.56m K-240=1.00m
昼間、日本橋梁工業㈱工事指導


道路事情の変化(渋滞等)に対応すべく拡幅された道路に設置される弊社の縦目地ジョイントは、床版の動きの違いにしっかりと追従し、安全性と快適な走行性を確保する事ができる為、多くの道路にお使いいただいております。(納入実績NO,1)

写真:K-50T 縦目地部 K-50T 縦目地部
写真:K-50T、K-240 交差部 K-50T、K-240 交差部

2005.11.4~2005.12.2一般県道吉野上野原停車場線勝瀬橋架替工事

現場:神奈川県津久井郡藤野町吉野~日連地内
型番:K-240、K-240T
延長:K-240=2.4m K-240T=5.0m
昼間、日本橋梁工業㈱工事部施工

弊社の得意とする交差部は、大きな移動量の型番でも、横目地と縦目地の機能を十分に発揮させ、外観も美しく、快適な走行性を約束いたします。どのような現場にも柔軟に対応できるジョイントです。

写真:K-240、K-240T交差部 A2左 K-240、K-240T交差部 A2左
写真:K-240、K-240T交差部 A2右 K-240、K-240T交差部 A2右

2005.12.15~2006.1.8新隆慶橋新設工事

現場:東京都文京区2丁目
型番:K-50、K-80TNP2
延長:K-50=60.5m K-80TNP2=26.8m
昼間、㈱テーケーシー、日本橋梁工業㈱工事部施工

縦目地には、新製品のネットピンタイプを施工。横目地と縦目地の交差部も、弊社の製品同士であれば、横目地・縦目地お互いの性能の確保はもちろん、見た目もスッキリと取り付けることができます。

写真  
写真:横目地・縦目地交差部 横目地・縦目地交差部
写真:横目地・K-50 横目地・K-50
写真:縦目地・K-80TNP2 縦目地・K-80TNP2

2005.12.8~2005.12.9南海橋補修工事

現場:東京港南部地区
(東京都大田区平和島)
型番:K-80
延長:9.9m
夜間、日本橋梁工業㈱工事部施工

弊社の横目地でもスタンダードな型番のK-80の施工でした。弊社の製品の特長は、次回の補修時にコンクリートが破損していない限りは、表層ゴムのみの交換ができます。そのことにより、工事時間、工事費用の削減が可能です。

写真
写真